上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※前回までのあらすじ
約400年続いた漢は、衰退していた。外戚・宦官により国政が私物化されたことが原因である。これにより、真っ先に農民の暮らしが苦しくなった。そこにお札と聖水で病気を治し、腐敗した漢に変わる黄天の建設を説いてまわったものが、張角の太平道である。彼らが光和7年(184)に起こした農民反乱をそのシンボルから黄巾の乱という。乱そのものは平定されたが、後漢の支配は崩壊、三國志の時代が始まるのである。
_____

まりさの引退によってモチベの低下が著しかったが、綾小路玲華が再編した胡蝶の夢に身をおいてほっそり過ごした。
蜀の内部状態は、いわゆる軍死時代が始まって、蜀十二神将が生まれ、何をやっても勝てない暗黒時代へと突入していた。
合戦は、前半はどの国もライン戦で、中盤あたりで呉に呪詛散布を使った突撃連合が現れ、そこからはどの国も突撃連合メインの合戦へと変わっていった。

この頃は本当にいろいろあったけど割愛。
制覇が始まったあたりから徳田と交流を持ち始め、徳田っぽい人に誘われてskypeを始め、徳田っぽい人とキャッキャウフフして、そこから邪気眼ともよく交流するようになった。
制覇が終盤にさしかかったころ、魏がvs呉戦に勝利し正装を獲得。世間では魏のやつが正装を着て呉に乗り込んだことで騒がれてた。このとき、まったく話題にはあがらなかったが自分の中では忘れられない大事件が起きた。
呉から撤収した魏の集団が、成都に記念撮影をしに来たのである。
たまたま乗り込んできてる所に居合わせたので、「蜀だって負けててくやしいんだから、ここで記念撮影してんじゃねーよ」的な発言で追い返そうとすると、そのメンバーの中にいた大豪院邪鬼が「今日関係なかったから蜀なら大丈夫だと思って^^」と意味のわからない返答。関係ないならなぜなおさら成都へ撮影しにきたのかと。

この発言からやっぱり蜀って魏にとったらその程度の存在でしかないのかと再認識、制覇も残り少なくて希望が見えず急激なモチベの低下。馬鹿騒ぎを求めて気分転換にやってたVIPde無双onlineが楽しすぎて気持ちがそっちへ揺らいでたこともあって引退を決意。3onの世界からさようならした。
                                             つづく
多分第1回蜀内紅白戦後のSS
SOL20080330002701.jpg

邪気眼ラジオ(笑)後の森ツアー
SOL20080524040700.png

邪気眼ハウス(笑)
SOL20080529003000.jpg

絶望しか見えない
SOL20080615212400.png
うほっいい男衰退~第1節制覇開始まで
※一部簡略化されて文章が意味不明になっている部分があります。
もし気になるなら言ってくれれば答えれます。
___

うほっいい男衰退後、まりさは部曲戦をしたいといってサブをIP部曲にいれ、特に意味はないが部曲長は自分の手に渡った。
この頃の自分はIPとも友好的に接していた。ほぼ毎日朝から晩まで軍略をして過ごし、レンタルマギカや縹珠翠、傍若無人様等の軍略仲間と一緒に何かをすることが多かった。
正式サービスが開始されてもうほっいい男のメンバーは変わらず3人だった。
レベルキャップが40へと開放され、軍略生活に一層激しさが増したころ、阿修羅事件によって阿修羅の妹になってうほっいい男が事実上解散、部曲はまりさのサブが入っていた天衣無縫へと移籍した。その後の3on生活自体は特に変わらず、軍略やPDに明け暮れた。

合戦は、その頃のPCが低スペだったこともあって、もっぱら丹をやっていた。
1度治癒で7700点をたたき出してからは、治癒厨として勤しんだ。
その他の軍事的なことは、ほぼまりさのケツをおっかける形をとっていた。

制覇前の最後のvs呉では魏が援軍にきて、合戦後には墓場で徳田先生による講演会()も開かれた。
その後、魏vs呉の合戦を援軍にきてくれたこともあり、魏の合戦の勉強のためにも魏の援軍に軍死メンバーやその他多数で向かった。
そして制覇前最後の合戦となる蜀vs魏の合戦後、まりさの提案で反省会場が書庫前からパンダ広場にうつって、時雨なちゃが「これがみんなの望む形?」と誤爆し、まりさの司会による反省会は、制覇もがんばろうぜ!うおおおお!的なノリで終了した。

この頃すっかりまりさ信者だった俺は制覇もまりさについていこうと考えていたが、次の日まりさからの唐突な引退宣言。馬祐は自然消滅、軍略仲間も信onへと帰還し、俺は一人取り残される形となった。
                                              つづく

阿修羅怒りの修羅の群れモード!
SOL20080302000100.jpg

明らかに誤写なSSから懐かしい名前が見つかって面白い
SOL20080309024600.jpg

これも誤写だけど墓場の徳田講演会()中のSS
SOL20080323231700.jpg
第1次プレ終了~うほっいい男衰退まで
____

第1次プレオープンについては特に書くこともないので省略。
第1次プレオープンが終了してから、再び三國志onlineに戻ってきたのは第2次プレオープンが開始されて1週間ほどたってからだった。
戻ってきた理由としては、たまたまVIPで三國志onlineやろうぜスレを見つけて、その時にほかにネトゲもやってなかったし、三國志onlineのグラもそこまで嫌いじゃなかったので参加した。

その時のVIP部曲が「うほっいい男」で、いつも通り変な奴ばかりで騒がしかった。
先発組はすでに軍略うめえwwwwwwwwwとかいってるレベルで、自分はコツコツとソロでレベルをあげた。ちなみに最初に選んだ職は盾。理由は第1次プレオープンの経験から序盤は盾最強だろって思ったから。
レベルが追いついてきてからは、軍略を一緒にやったり、見捨てられた村へ行ったり、クエをやったりと普通に三國志onlineを楽しんでいた。

部曲戦に連れて行ってもらって妖術軍団で敵砦内リスキルをしてた記憶もある。その時の相手が邪気眼だったかどうかは覚えてない。でもそうだった気もする。ちなみにうほっいい男と邪気眼が部曲戦をしたっていう記録はちゃんと残ってる。
うほっいい男時代で初めて参加した合戦は、前線ラインが押し込まれて苦戦を強いられているのに、VIPのやつらが伏兵でのりこんで砦奪って衝車つくって城門をそのまま破壊したっていうめちゃくちゃな合戦だった。

その後パンドラサーガの正式サービススタートもあって、VIPdeネトゲの風物詩ともいえる過疎がやってきた。
20人近くいた部曲員もどんどんINしなくなっていき結局残ったのは自分と「馬祐」と
部曲長の「九魔理沙は俺の嫁」の3人だった。

                                              つづく
入部時のSS
SOL20080213072200.jpg

左側に見えるのが、これはハンデだといって防具は一切身につけず、道行く人全てに○○先輩うおおおおおおおおおおお!!と大声であいさつをしたおうまんこうひさん。
SOL20080214094600.jpg<
http://www.sdgundamcfo.jp/member/notice/news/2010/04/23/14.aspx
SDGOクローズドβテスト概要
•テスト開始日:2010年5月20日(木)
•テスター募集期間:2010年4月30日(金)17時 ~5月17日(月)24時
•募集人数:計5,000名 (応募者多数の場合は抽選)
•応募条件:SDGO公式サイトで会員登録を済ませていること
•備考:CBT時のゲームデータは、何らかの事情が発生した場合を除き、原則としてオープンβテストに引き継がれます。


今日のキタエリの超ラジで、キタエリも声優で参加してるって聞いて
おいそんな情報公式になかったぞって思って調べてみると

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100424-00000000-isd-game
■有名声優起用、コミュニティ強化……日本独自の方向性

日本版の様々な独自要素も公開されました。

戦況を伝えてくれるオペレーターに中村繪里子さん、今井麻美さん、伊藤かな恵さん、ささきのぞみさん、喜多村英梨さん、浅川悠さん、藤田咲さん、岡本信彦さん、阿部敦さん(順不同)といった有名声優が起用されます。

かな恵ちゃんが出てる・・・だと・・・!?
これはやるしかないな
はじめて三國志おんらいんをはじめたのはだい1次ぷれおーぷんからでした。

Before  | Copyright © ゆうばん日記 All rights reserved. |  Next

 / Template by BANブログ BANプレート カスタBANズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。