佐藤裕也爆誕から1年と5日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある大学の教授の部屋を若い女学生が訪れた。
「先生・・御願いです。今度の試験でどうか私を合格させてください」
「その為なら・・私・・なんでもします・・」
女学生は教授の前に跪き、長い髪をなで上げながら
彼の瞳を見つめ、さらにつづけた。
「あぁ・・なんでも・・ねぇ・・御願い・・」
教授も彼女の瞳を見つめる。
『何でも・・するのかい?』
「えぇ・・します・・」
彼女の耳元にそっと教授は囁いた。
『それじゃ・・・してくれるかな・・・勉強を』
スポンサーサイト
この記事へのコBANト
URL:
Comment:
Pass:
秘密: BAN者にだけ表示をBANする
 
このBANのトラックBANクURL
http://dhukudhuku.blog84.fc2.com/tb.php/67-1769f512
このBANにトラックBANクする(FC2ブログユーザー)
このBANへのトラックBANク

 | Copyright © ゆうばん日記 All rights reserved. | 

 / Template by BANブログ BANプレート カスタBANズ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。